あたりまえの、魔法 2

エッセイ。批評。こちらのコーナーはどちらかというと批判や愚痴などを中心に。(笑)  あたりまえの、魔法1→http://junmusic.hatenablog.com/

ひまつぶし

ぼくの親友はぼくのことを知らないいい意味でのひまつぶし体をつかった楽しいひまつぶしでもその仕方はみんな違うそしてそれぞれがそれを続けていくでもきっとどこかで同じお日様をあびてるってことぐらいは会わなくてもわかる話をすることばかりが大事なの…

プロとアマ

プロはやっぱりすごいんですか?プロとアマの違いってなんですか? プロとアマの違いについては、自分がプロと言って活動してきている以上やはりよく質問されることがある。 といっても、ぼくは見かけがプロっぽくはないようで、10年以上もつきあいがあっ…

カイロ

ぼくは今年で50歳になったのだが、50歳といえばそこそこの年で昔なら人生50年といったくらいだから、もうそこそこ長いこと生きさせてもらってることになるわけだけど、こどものころからずっと不思議なことがある。それは、とうとうと自分の考えをしゃ…

おりる

おりる 〜ともだちへのエール〜 とにかく戦わない 戦いからおりる そのことだけがあなたを強くし 幸せへと導く それ以外のことは すべて 言葉が作り出したまやかし 誰かが作り出したのですらない 「言葉」がつくりだしたただのまやかし それがどんなに複雑に…

人がだんごになってる会社は終わってる

フリーランスで仕事をしてる人の間では絶対ない不可思議なことが、ある種の「会社」という組織の中ではおこるらしい。 今までの経験で、人が「だんご」になってる会社やお店とは仕事してもだいたいろくなことがない。 つまり、ひとりひとりが独立して、外部…

強さ、と思う部分。良さ、と思う部分。

人は、 これが、強さだ、と思う部分によって もしくは これが、良さだ、と思う部分によって 自分を少しずつ滅ぼしていく。歳をとっていくとそれが顕著だ。その人にとって、これが「強さ」の構えだ、と思ってる部分によってその「構え」自体が原因で、本人の…

「頭がお花畑」と言う批判語のダメなところ

頭がお花畑と言う批判は戦うことで最初から負けているなぁとよく思う。人は死ぬ。でも生きている間はそれなりに愛し合い協力できる。それは小さな謙虚な現実。一見リアルなことを声高に言っているような人の方が死を恐れてどでかいことにすがっている。怖が…

平凡さを恐れない。MD。

企業や組織はだいたいにおいて利潤や、特に目の前の「成果」を追いかけすぎて、たいてい古いものを切り捨てたり、マイナーなものに潜む大事な部分を、平然と無視したり、当たり前のように大事なことを忘れていくもの、と思い込んでいた。(そしてそこに属し…

自慢し排他する弱さ

最近どうも「非国民」だとかなんだとかそういう言葉がふつうにちらちらネットとかで見かけられるようになった。 そんなことをいうのがもっとも情けないことだということを知らないんだろうか。 でもそんなにそれが多くの人とのセリフとは思えない。 そういう…

あきらめること、と、チェックシート

過去の失敗や、後悔を、取り戻そうと 現在をかんばる。 それはもっとも破壊的なこと。実は緩慢な「自殺」なんじゃないかと思う。一見、とても頑張っているので、 献身的に見える。でも実は現在の「愛情」に基づいていない。永遠に埋まることのない喪失感に基…

オムレツ。ボーカルと伴奏者。ゲームと砂場。そして星。

(写真は今は亡き、スピーカーにのぼって外をみる夢吉) ここ何年か(おそらく10年ぐらいだろうか)もしくは、ある意味この仕事をはじめてからずっと、うまく言えないのだが、「それをどう考えたらいいのか」迷っていることがある。ちょっと文章にしてみた…

写真はLamp中国ツアー中にあった猫たいせつなのは、あわてないこと。と、もたいまさこさんも言っていた(映画の中で)あわてないとできないようなことの中には(あまり)大事なことはない。あわてることは個人の幻想や軽々しい喜びを強化する。そうではない…

右でも左でもない。戦争でも平和でもない。もっとも大事なこと。ただ今、ふつうに、きちんと見る、ということ。選挙の日の朝に。

朝起きて思ったこと。こんなことを書いてもしょうがないのかもしれないが書いてみようと思う。どうも、「冷静で知的な」戦争容認主義と、「感情的で頭がお花畑な」平和主義者、という、なんだかずいぶん単純な論議が多いなぁ、とずっと思っていた。 右か、左…

楽器を貸すこと

ここ2週間くらいの間に、3回も「キーボードを貸してくれないか」と頼まれた。他のことはともかく、楽器を貸すというのにはすごく抵抗がある。うまく言えないのだが。。一郎は、「他のバットやグローブの感触が自分の手に一回持っただけでもなにかのくせが…

大事なのは

大事なのは、 工夫しないこと。 発信しないこと。 少しだめなままでいること。 そんなことをよく思うのだった。 そして言葉を信じすぎないこと。

脳になりたい

脳は、さぼるのがとくいなんだって。 だから自分で作った書類の誤植は自分では見つからない。 自分で書いたプログラムのバグは自分では見つからない。 あぁ!!! 脳になりたい。

自分のためのメモ。練習。自分の体ではないということ。

これは「自分の体ではない」もしくは「自分ではない」ということがわかるのに思ったよりも時間がかかる。 楽器の練習というのはそういうことなんだろう。 なるほど、人(楽器)の体であった、ということがわかるまでは、その楽器と仲良くもできなければ、お…

突然、日記風。鈴滝レコーディング。ステリオMix@246スタジオ。タイミング。

鈴滝レコーディングの最終段階。テイク決めはいつも難しいけれど、テイクが変わるだけでストーリーががらっと変わる。ボーカルを中心に人は音を聞くからバックのトラックもがらりと変わったグルーブに感じる。LogicとCubaseの音の違いも目の当たりにしてあら…

一緒に踊ってください。

子供のころ父親が、「どうして日本ではこどもから大人まで一緒に踊れる音楽がなくなっちゃったんだろうな」とつぶやいた。それがずっと忘れられない。 高校のころディスコに(クラブはまだなかった。。)はまってからずっとダンスミュージックが好きだ。ファ…

かわいそうな人。

かわいそうな人 ほんとうにかわいそうだ。こちらがびびる必要はない。ほんとうにかわいそうだ。そうだ。ほんとうにかわいそうだ。それを伝え合う。

屈服しないのは誰だろう?

屈服しない人 と 演技過剰な人 屈服する。少しずつ屈服していく。 政治にでなく、人生にでなく、お金にでなく、権力にでなく 立派な言葉に。 立派と感じるなにものかに。自分が信じること ちょっとしたことで「正しい」と思っちゃったことに屈服していく。な…

批判したり相手のよくないところを見つけることの罠。

すぐに批判したくなる。 相手のよくないところをよくないと決めつけたがる。 それは簡単におこることだ。それは一口に言うと、相手をみくびるという行為だし大概そういうときには、きちんと自分が立てていないことが多い。客観的に観察すると、自分の立ち方…

今日のドレミファソラシド

Momocafe Magazine のホームページに、「今日のドレミファソラシド」というコーナーがあり、演奏を提供しました。いろんなミュージシャンがドレミファソラシドを演奏する、という企画。これからもどんなドレミファソラシドが聴けるのか、楽しみですね。 MOMO…

自分のためのメモ。

自分のためのメモ。確信が持てるかどうか。負けること。 確信が持てないことを認めない=つまり、私にはわからない としておくというのは、自分のためで(も)ある。つまりほとんどのことにおいては、「わからない」がまず第一である、そして、控えめにいっ…

たとえば、音楽をよく知らない人が、ビートルズの記事をシェアしたら、、

たとえば、音楽をよく知らない人が、ビートルズの記事をシェアしたら、、 それに対して 「あんたは、その記事をシェアしたんだから、ビートルズ派として責任を持てよ」といういう音楽業界の人っていうのはなかなかいないのではないか、と思う。 音楽をやって…

細かいところ

今日いろんなできごとがあって 共通してるなぁ、と思ったことがある。 細かいところ ほとんどなにかのてざわりとか、質感としてしか表現できないようなところ そういうところにじっくりこだわって誰かといっしょに物を作るためには それとは真逆な、 一見ど…

音楽の生まれるところ

「音楽の生まれるところ」 音楽の生まれるところは、かなり奥の方にある。 どこの奥だろうか。気持ちの奥の方という感じだろうか。 守る必要のないところというのがあって、そこから音楽は生まれる。 でもそれはずいぶん奥の方にあるから 手前の方でいろんな…

品のなさ

最近、Facebook などで、ある考え方の人たちを悪くいう投稿をよく見かける。 悪し様に言う、というか。 とくに「自分は知識がある、常識がある」と自認している人たちが、知識がない人たちを悪くいうツイートを見かけては、なんか残念な気持ちになる。とても…

ふつうに遊ぶこと

今日は久しぶりに小学校の音楽ワークショップに行った。 あらためて思う事。 ふつうに遊ぶこと。というのを中心に置いている、ワークショップをする人、コーディネーターの人、ファシリテーターの人、そういう人たちと、もっと知り合ったり活動したりしてみ…

Space

スペース、という言葉が好きだ。 なにかと、なにかの間、という意味でもあるし、 なにかが生まれる場所、という意味でもある。 Homegrownでも活躍しているSEIJImanとの音源制作ユニットの名前も「スペースワークス」だ。 ホームページの、「いろんな場所を作…

おもしろい!

うーむ、おもしろい、おもしろいぞ! 真ん中は空っぽだ!

もっともだ!

もっともなことを言って楽しいのか!?

あたりさわりがない

今日は今年に入って2回目の音楽広場であった。 プチ・ポワールさんが、今日もギターとアコーディオンの音色を広場に響かせてくれた。 終わってお話をしていて、 「プチ・ポワールさんは、すごくいろんなバンドや歌い手さんから、対バン(ライブで一緒に出演…

もっと工夫しろ

ここ数年のテーマは「工夫しないこと」。 でもしばらく前に、「工夫しないってどういうことですか?」とみんなの前で聞かれてうまく答えられなかった。 「じゃあ、レゲエは工夫してないんですか?」と聞かれて もごもごもご、うまくいえなかったが、結局 「…

おどっているっていうこと

おどるっていうことはけっこう(というか、かなり)必要なことだ。 おどるっていうと、音楽に会わせて踊ることやいわゆるダンスのことを言ってるのだろう、と思われるかもしれない。でもここで書こうとしてるのはそういうことではない。 なにかに「なる」と…

意味の陣取りが好きなあなた

意味の陣取りはまぁそれなりにおもろいのはわかるけど なんだかちょっと古いんでないかなぁー っていうかそれで盛り上がってるのはちょっとなぁ。。 もっと結構みんなよく見てると思うんだけどな。 細かいところ。 とっても心配なのだよね。君のことが。 た…

過激な! でも、優等生(笑)

選挙やらなんやらいろいろ もちろん俺だって、それなりにいろんなことを感じるし考えるけどよ。 そんなのあたりめーでしょ! けっこうみんな考えるっしょ。あんただけじゃなくて(笑) 考えてなさそうな人も考えてるかもよ。 そんなことよりもよー、 もうち…

頭のよい人たち

頭のよい人たち というよりは、自分がなにかをわかってると思ってる人たちは たいしたもんだ。 もともとわかってることなら誰かに話す必要ないのにな。 ましてや、全世界の人に。 そういう言葉も俺にはわからない何かどこかの世界の役に立ってるんだろうか?…

自分のためのメモ 噛む事、プロセスで「ある」こと、難しいのはだめ

・よく噛むこと。なんども。そこに理屈はない。 かみかみかみかみ、、、ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ、、 なんども噛む。 ・「汚す」とか「傷つける」ということは、「悪いこと」というよりは、それ自体が、全体の中での「自殺」のプロセスの一部分だ。 たとえ…

ふざけてるんですから!! by 片岡大師匠

1昨日、鴨川のデルタ(河原が三角州上になっているところをそう呼んでます。)で、みんなで楽しくセッションをしました。 ほんとは、造形大の学生のみなさんに、こんどやる子供とのワークショップでの音楽のやり方を、ミュージシャンとして教える、というな…

詩を書きました!!「おまえ、ばかじゃん?」

おまえ、ばかじゃん? (「校庭、上手に仲良く使えよ、6年生」の巻) おまえ、ばかじゃん? ただ、おれら仲良くできなかっただけっしょ? 仲良くできなかっただけなのに なんでぐちゃぐちゃ言うんだよ? 理屈じゃねーんだよ 今回、俺も悪かったかもしんねー…

傷ついている

自分はほんとうはすごく傷ついている 実はまわりの人もみんな傷ついている 、、、のかもしれない 傷ついたよね、、 ほんとうに傷ついたよね、、 疲れたよ、、 疲れたよね、、 と言ってみてから、 ほんとうは何をしたくなるだろうか? 緊張しながらがんばって…

造形大卒展。アートとそれにまつわるいろんな表現。

造形大の卒展に行く。 おそらく今のアート業界牽引されているのだろうなぁ、という方々のいろんな話を聞く。 アートに関する「話」っていうのは、どうして、常にアートかくあるべし、っていう話になりがちなんだろうか。20年前、30年前から、そこは変わ…